第2回 天体観望会(7月18日)中止のお知らせ

7月18日(土)実施予定の第2回天体観望会を新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止します。

次回は9月12日(土)予定です。実施できるかどうか決定し次第,

blog.meigaku.ac.jp/esc/に掲載いたします。

最新情報をご確認の上、お越しくださるようお願いいたします。

名古屋高等学校地球科学部・名古屋中学校自然科学部

名古屋高校文学部卒業生・現役生俳句の新人賞で健闘!

 名古屋高校文学部の昨年の卒業生である横井来季君が、この度「全国俳誌協会新人賞」の正賞を受賞しました。
http://www.zenkokuhaishi.org/index.html#shinjin

また、俳句総合誌の月刊『俳句四季』の俳句四季新人賞(30句連作)に、文学部現役生である今野巧海君が新人賞最終候補に残りました。
月刊『俳句四季』7月号より抜粋

いずれも俳人を本格的に目指す人が応募する賞であり、一句ではなく、15句・30句を、世界観や季節などの調和やテーマを考えながら配置していく連作での健闘です。

これからもどうぞ文学部の活躍を応援ください。

高校文学部、俳句甲子園、7年連続7回目の全国大会出場を決めました

第23回全国高等学校俳句選手権大会(俳句甲子園)におきまして、名古屋高校文学部が7年連続7回目の全国大会への出場を決めました。

https://haikukoushien.com/2020/wp-content/uploads/2020/06/23rd_zenkoku_teams.pdf

今年はCOVID19のため予選が投句審査に変更となった中、実力ある学校が鎬を削る様相となりました。

メンバーは以下の通りです。
鬼頭孝幸(高3)・木村功汰(高3)・今野巧海(高3)・三宅航暉(高3)・篠原圭太(高2)

全国大会は、松山での開催は難しく、夏井いつき氏をはじめ、俳人の審査員による投句審査となりました。何分物足りないことはありますが、俳句甲子園実行委員会の努力で、なんとか中止にならずに済みました。
全国大会(投句審査)の成績発表は8月23日(土)となります。
彼ら文学部の活躍をどうぞご期待ください。

第1回 天体観望会(5月5日)中止のお知らせ

 5月5日(祝)実施予定の第1回天体観望会を新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止します。

次回は7月18日(土)予定です。実施できるかどうか決定し次第,

blog.meigaku.ac.jp/esc/に掲載いたします。

最新情報をご確認の上、お越しくださるようお願いいたします。

名古屋高等学校地球科学部・名古屋中学校自然科学部

新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応5 高校部活動再開について 3月19日

2020年3月19日
名古屋高等学校生徒・保護者の皆さんへ
校長 森田祐二
【部活動について】
新型コロナウィルス感染拡大に伴い、本校では3月19日(木)までの臨時休業中は部活動を停止しておりましたが、3月20日(金)から4月5日(日)までの部活動について、以下の条件下での活動を認めます。
なお、再開する部活については顧問から連絡があります。

※生徒本人と保護者のご意向を尊重しますので、参加は強制ではありません。
参加する場合は必ず顧問に保護者の「参加同意書」を提出してください。
「参加同意書」は本校のホームページ(最終行)からダウンロードしてください。

〇 公共交通機関の混んでいない通学時刻を考え、10時から16時の間の2時間
とする。

〇 部室内での着替え、ミーティングを避ける。(荷物置き場としての使用可)

〇 グランドや体育館で実施する場合には、一度に大人数が集まらないよう
配慮するとともに、身体接触を伴わない練習内容とする。

〇  屋内である体育館で実施する場合には、ドアを広く開け、こまめな換気を
心掛け、生徒が手を触れる箇所(ドアノブ、手すり、スイッチなど)を
消毒液により清掃するなど、感染防止対策を講じた上で、少人数の生徒に
よる実施とする。
なお、3号館のトレーニングジムの使用は禁止する。

〇 教室での実施については、体育館と同様の感染防止対策を講じるとともに、
生徒の飛沫感染を防ぐ観点から、活動する生徒同士の距離を十分に離し、
不要な接触を避ける。
なお、吹奏楽部・オーケストラ部については活動の特性上、活動を禁止
する。

〇 練習試合・宿泊を伴う遠征・合宿は中止する。

〇 登校する際は登校前に必ず検温をする。発熱・咳・強い倦怠感・風邪症状がある場合は登校しない。

 部活動への参加同意書にご記入し、持参して下さい。

第6回天体観望会(3月14日) を中止いたします

3月14日(土)実施予定の第6回天体観望会を新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止します。

次回は新年度となります。
楽しみにしていただいていた方々ごめんなさい。

新年度の第1回天体観望会は5月5日実施の方向で準備を進めています。
決定し次第,blog.meigaku.ac.jp/esc/に掲載いたします。

名古屋高等学校地球科学部・名古屋中学校自然科学部

オーケストラ部、吹奏楽部定期演奏会中止のお知らせ

3月24日(火)にオーケストラ部が、3月28日(土)に吹奏楽部が開催を予定していました定期演奏会は、新型コロナウィルスの感染拡大が懸念されるため、大変残念ではありますが中止とさせていただきます。
楽しみにされていた皆様、関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけします事を心よりお詫び申し上げます。
何卒ご理解頂きますように、宜しくお願い致します。

名古屋中学校サッカー部 名古屋市チャンピオンに!

中学サッカー部がAIFA U-14サッカーリーグ2019名古屋大会で初優勝を飾りました。名古屋市内の約90チームが参加するこの大会は、9月から前期リーグが始まり、年明け1月から上位32チームでの決勝トーナメント。決勝戦は22日(日)に港サッカー場で行われ、本城中学校に1-0で勝利し優勝。名古屋市の代表として、29日(土)から始まる愛知県大会に出場します。今後も応援よろしくお願いします!

〇前期リーグ 1位

〇決勝トーナメント

1回戦 シード

2回戦 対 守山北中学校(6-1)

3回戦 対 駒方中学校(0-0 PK4-3)

4回戦 対 供米田中学校(2-1)

準決勝 対 高針台中学校(2-0)

決勝 対 本城中学校(1-0)

東区災害ボランティアセンター設置訓練に参加

2020年1月13日(月・祝)東区災害ボランティアセンター設置運営訓練にJRC部員が参加しました。地震や台風、豪雨など自然災害が発生すると、被災地に「災害ボランティアセンター」が設置され被災者を支援する「災害ボランティア」が活躍します。東区では高岳げんき館(地下鉄桜通線 高岳駅エレベーター上がってすぐ)が災害ボランティアセンターとなります。その設置訓練を地域の方々と市工芸、愛知商業、名古屋の生徒と共に行いました。災害時に自助、共助ができるように、これからも備えていきたいと思います。

減災チーム 令和元年度 防災甲子園 表彰 

人文・社会科学研究部 減災チームが令和元年度1.17防災未来賞「防災甲子園」において「継続こそ力賞」を受賞しました。

減災チームは、1月12日に兵庫県公館で行われた表彰式・発表会において表彰されました。

当日はポスターを展示し、減災チームの活動報告を行ってきました。

多団体・他校の優れた取り組みを紹介する成果発表にに加え、人と防災未来センターへの訪問は、大きな刺激となりました。