笠井先生によるディベート出張講義 その②

その②とありますが、実はもう5回目の講義となります。今週末は初めての練習試合ということで、みんな気合が入っています。「みんな、とてもよく勉強しています。大会でもいいところまで行きますよ。」と笠井先生にお褒め頂いています。この日も、終礼後3時間近く、みっちり指導して頂きました。生徒の集中力・体力もさることながら、笠井先生のバイタリティには、本当に驚くばかりです。

高1 探究活動 第3回 文献収集

探究活動の3回目は、文献収集のガイダンスです。図書館の司書さんに、丁寧な説明をして頂きました。最も大切なことは、「ネットの情報を鵜呑みにしない」ということ。本時で学んだことは、①オンラインデータベースを利用し、関心のある事項について確かな情報を得ること。②ネットで閲覧できる学術論文の検索・利用方法について。そして、③オンライン上の政府統計データの利用方法についても、レクチャーを受けることができました。これで、お目当ての文献・資料を探すことができるようになります。

SGH活動 「模擬国連」上南戦見学会 開催

616日(土)、南山大学で実施されました上南戦(上智大学と南山大学の対抗戦)の「模擬国連」の見学会を実施いたしました。議題は「イスラエル占領下のエルサレムをイスラエルの首都とし、大使館をエルサレムに移転する米国宣言」です。

生徒たちは仮で国割をおこない、実際に自分が会議に参加するつもりで準備をし、見学会に臨みました。自分が下調べをした国の大使がどのような言動をしているかを熱心に観察しました。会議中にもかかわらず、参加者の大学生のみなさんが親切に解説をしてくださったり、質問に応えてくださったりしてくれ、生徒たちは大いに学びを深めることができました。

ご協力いただいた、模擬国連名古屋支部のみなさま、ありがとうございました。

高1 探究活動 第2回 論題設定 

高1の探求活動において前回に引き続き、論題設定の活動を行いました。昨年度の先輩たちの論題を参考にして、グループで話し合って、自分たちの論題を決定します。1年間の方向性を決める大切なところです。生徒たちは1週間で決める必要があります。この後、文献収集と読み込みを行い、ポスターとプレゼンの作成に取り掛かります。

高2 SGH探究活動 第2回 論題設定の技(2)

高校2年生人文TクラスのSGH探究活動において、「論題設定の技(2)」を実施いたしました。前回おこなった付箋によるブレーンストーミングから挙がったキーワードをもとに、今年度の研究テーマを決定していきます。「問い」であっても論題にならないものは何か、を学び、昨年度の研究テーマが、論題としてふさわしいものだったのかどうか、グループで検証しました。テーマ決定後は、文献の収集・読み込み⇒文化祭での中間発表⇒年度末までに論文執筆、という手順で探究を進めていく予定です。

笠井先生によるディベート出張講義

6月2日(土)、中学・地理歴史研究部のメンバーたちは、ディベート連盟の笠井先生の講義を受けることができました。講義では、ディベートの基本から実践的な内容まで、分かりやすい説明をして頂きました。2時間にも及ぶ濃密な講義に対して、生徒の集中力が心配されましたが、笠井先生からは「名中の生徒たちは、とても勉強熱心ですね」とお褒めの言葉をいただきました。週明けも貴重なお時間を頂いて、出張講義をしていただけるとのことで、本当に感謝の気持ちで一杯です。

高1 探究活動 第1回 論題設定のためのマインドマップ 

中間テスト終了後、高1で探究のための活動を行いました。今回はマインドマップを用いて、各人の関心領域を探る試みを行いました。1学期はこの後、①グループ分け、②グループ毎の論題設定、③文献収集の方法、及び④スライド・ポスターの作成についての学びが予定されています。

 

SGH活動 「模擬国連」第2回勉強会開催

66日(水)、図書館ラーニングコモンズにおいて、高12の生徒8名が集まり、「模擬国連」勉強会が開催されました。生徒たちは、616日(土)に見学させていただく予定になっている、「模擬国連」上南戦(=上智大学と南山大学の対抗戦)の議題解説書(BG)を読み込んだうえで、出席しています。この日はペアごとに国割をし、Position and Policy PaperPPP)の作成について話し合いました。実際に会議に参加することを想定して、会議に臨むにあたって、どのような点についての下調べが必要か、を考えました。各ペア、見学の前日までにPPPを完成させる予定になっています。見学の際には、自分たちの担当国の大使である大学生が、実際にはどのようなことを主張し、どのような行動をとっているのかを観察し、学びを深める予定です。

 

2017年度 SGH甲子園 表彰

 

61日の高校一斉朝礼にて、2017年度SGH甲子園に出場した本校生徒が表彰されました。 減災チームの4人はプレゼンテーション部門に出場することができました。 高35人はポスターセッション部門に出場しました。 減災チームは、今年度も甲子園目指して、すでに動き始めています。 そして、高35人も既に受験に向けて頑張っています。 努力の成果が実ることを祈っています。 それぞれの指導に携わって頂いた先生方、本当にありがとうございました。

 

 

SGH活動 「模擬国連」 第1回 勉強会開催

530日(水)、図書館ラーニングコモンズにおいて、高12の生徒10名が集まり、「模擬国連」勉強会が開催されました。まず、先日の模擬国連国際大会の様子を特集したNHKのニュース映像を見て、各々の感想を述べ合い共有しました。その後、6月に見学させていただく予定になっている、「模擬国連」上南戦の議題解説書(BG)を配付し、模擬国連全日本大会経験者の先輩から、議題解説書の読み込みや大会に向けての準備について、後輩にアドバイスがなされました。