教育実習(前期)の様子

5/27~6/14の期間は,教育実習(前期)でした。教員志望の卒業生たちが,久々の母校にて教鞭をとりました。

中学・高校で生徒として学んだ立場から,今度は「教える側」となっての生活に,それぞれ学ぶことが多くあったのではないでしょうか。教育実習生として,教材研究や指導案作成などに初々しくも一生懸命取り組む姿を見ると,送り出した教員としては感慨深くもあり,また同時に,自分自身ももっと勉強していかなければと気持ち新たにする次第です。

教育実習を終え大学に戻ってからも,この実習の経験を活かし努力を重ねて下さい。これからがスタートです。実習生として頑張る先輩たちの姿は,後輩たちの心にもきっと刻まれたことでしょう。

高校芸術鑑賞

6月12日(水) 愛知県芸術劇場コンサートホールにて高校芸術鑑賞が行われました。

今回の演目は『綾戸智恵~DO JAZZ~』

脇を固めるオルガニストは本校卒業生の宮川純氏。

綾戸さんの「JAZZは理屈ではなく感じるもの」に呼応するかのように会場が一体となって大いに盛り上がりました。

JAZZでは珍しく手拍子がなりやまない曲も多数あり、卒業生の宮川氏も終演後「あんなに盛り上がって本当に感動しました。母校に対して凱旋演奏ができました」と興奮気味に語っていました。

曲間には綾戸さんの経験を通じた奥行きのあるメッセージもあり、生徒は様々な思いを胸にしたと思います。

当日は保護者の皆様にも多数ご来場いただき、楽しいひとときをお過ごしいただけたと思います。

 

 

2019年度敬愛同窓会本部定時総会 終了

2019年度の敬愛同窓会本部定時総会、講演会、懇親会が6月8日(土)キャッスルプラザにおいて行われました。

総会では敬愛同窓会の事業報告及び決算予算報告が行われ、審議の上、全て承認されました。

そののち、「不器用な人生」という演題で阿部繁弘氏(昭和29年卒)による講演会が行われました。阿部氏は日本ボールペン画協会初代会長を務められ、平成14年から中日新聞「愛知の街道を行く」シリーズで、緻密なボールペン画と俳句を披露されています。

懇親会には例年通り多くの卒業生、名古屋学院関係者の皆様にご参加いただけました。大変ありがとうございました。

7月20日名古屋学院サマーコンサート開催

恒例の名古屋学院サマーコンサートが7月20日(土)14時から
名古屋学院・クライン・メモリアル・チャペルにて開催されます。
全席自由・入場無料となっていますので、是非足をお運びください。

第一部は、聖歌隊、クラインズ・シスターズ、オーケストラ部、吹奏楽部の演奏。
第二部はゲストの森雅史さん(バス)、岩渕慶子さん(ピアノ)による演奏です。
森さんは日本を代表するバス歌手で、長年イタリアでも活躍されてきました。
奥様である岩渕さんと息の合った歌が聴けることと思います。

ご来場を心よりお待ちしています。

「2019年度名古屋学院敬愛同窓会本部総会・講演会・懇親会」のご案内 6月8日(土)17:00-

謹啓 初夏の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃は敬愛同窓会に対してご支援・ご協力を賜りまして厚く御礼申し上げます。

さて、「2019年度名古屋学院敬愛同窓会総会・講演会・懇親会」を下記の通り開催いたしますので、ご多忙中とは存じますがぜひともご臨席賜りますようお願い申し上げます。

今年は、ボールペン画家 阿部繁弘氏を講師にお招きし講演をいただきます。

日時 6月8日(土)

会場 キャッスルプラザ名古屋駅前桜通 052-582-2121

定時総会 4F「梓の間」 17:00

講演会  4F 「梓の間」 17:30

懇親会  4F 「鳳凰の間」 18:50

第1回天体観望会

 5月5日(日)こどもの日に,自然科学部・地球科学部主催の2019年度第1回天体観望会が開催されました。
 昼の部では,屋上の天文台に親子連れの皆様を中心に88名の方に来場していただき,太陽の黒点とプロミネンスを見ることができました。
 夜の部では,少し雲が出る時間帯もありましたが,148名の方にお越しいただき,望遠鏡を使って火星,アークトゥルス,スピカ,プレセペ星団を観望することができました。室内展示の写真パネルも見ていただき,大盛況のうちに観望会を終えることができました。

 次回は第2回7月20日(土)19:40‐21:00を予定しています。木星、土星、アルビレオを観測します。

中学・高校新入生歓迎集会

この春名古屋中学校・高等学校に2019年度の新入生が入学しました。
初めての男子校に戸惑いつつ、生徒会を中心に新入生歓迎集会が行われました。
 生徒会活動の紹介はもちろん、各部活では、一人でも多く部活動に入ってほしいと、自分たちの部活をアピールしていました。名古屋中学校は男子だけの中高一貫校。高校受験を気兼ねせず、やりたい部活に打ち込める、勉学も部活もどちらもトップを目指せる環境が本校にはあります。
 運動部はもちろんですが、近年は文化系の部活の躍進がめざましく、俳句甲子園の模擬試合やディベート、模擬国連や減災活動の紹介からは、関西や関東の有名校と鎬を削っているさまがよく伝わってきました。
 また、中学校の新入生歓迎集会の中では、「名古屋中学校十戒」の垂れ幕を披露。キリスト教主義の精神を新入生に訴えていました。

恒例の「名古屋中学校十戒」披露
新入生と上級生が対面
オーケストラ部による演奏
バスケットボール部の紹介
新入生に対するディベート
文学部による俳句甲子園模擬試合
空手道部による演武

中1修養会

双子山は雪景色

4月17日~19日名古屋中学1年生の修養会が行われました。伝統行事である修養会で名古屋学院の歴史や敬神愛人の精神を学びました。また富士山5合目双子山登山を通して集団行動の大切さを学びました。293名全員が登頂できて、大きな達成感を味わうことができました。これから名中生が「地の塩」「世の光」として活躍する人になることを願います。

高校卒業式

2月28日(木)、高校卒業式が行われました。
当日はあいにくの雨でしたが、慣れ親しんだチャペルでの礼拝形式の中、終始厳かに式は進み、実に堂々とそして晴れやかな表情で413人が巣立っていきました。

彼らの前途に幸あらんことを。

第41回名古屋高等学校マラソン大会を実施

2月13日(水)に愛地球博記念公園(モリコロパーク)にて高校1年生、2年生がマラソン大会を実施した。

コースは8.5kmでアップダウンがあるきついコースだが、当日は天候も良くベストコンディションでの開催となった。

年が明けてからの1ヶ月間、体育の授業でマラソン大会に備えた。

当日は、大広場に整列し点呼、諸注意、選手宣誓、準備運動の後スタートした。

大広場に整列し、点呼、諸注意
選手宣誓は第1シードの松本君(高1)

体育の授業で計測した3000mのタイム順にシード選手がゼッケンを付け、森田校長の号砲で11時00分に総勢920名がスタート。

黄色のゼッケンは予選の3000m走が100番以内の韋駄天たち
青色ゼッケンは3000m予選で101位~200位の選手
先生も一緒に走ります。 ちょっと気になる・・・
運動部で鍛えた逞しい猛者たち。 陸上部、サッカー部、強いね~
皆、一生懸命走ります。素晴らしい!!
アップダウンがある厳しいコース。 しかし、ライバルには負けられない!
ぶっちぎりで優勝した松本君。さすが陸上部
上位入賞者  左から3位の石塚君、優勝の松本君、準優勝の林君
ゴールしたら着順カードにクラスと名前を記入し、担任の先生に渡して終了

走りっぱなしの1ヶ月間、皆よく頑張った!

教員は、目立つようにオレンジ色のウィンドブレーカーを着て、コースの11箇所にAEDを持って 万が一に備えました。
快くAEDを貸してくださったハートセンター様には心より感謝申し上げます。
有難うございました。