国際交流活動

《サマー・エクステンション》

 名古屋学院はアメリカ人宣教師クラインによって創立されて以来、国際的な視野を持って教育がなされてきた学校です。毎年夏期の海外英語研修、兄弟校との交流など活発に国際的な活動が行われています。

■イートン・カレッジ 「海外交流校」(イギリス・ウィンザー)

名古屋高校は、およそ600年の歴史と伝統を持ち、世界で一番有名な学校と言われる名門パブリックスクール『イートン・カレッジ』の海外交流校です。イートン・カレッジは英国王室のウィリアム王子、ハリー王子などがかつて在籍し、英国の首相を多く輩出している学校です。卒業生はオックスフォード大学やケンブリッジ大学などへ進学しています。

本校からは毎年20名程の生徒がイートン校サマースクールに参加しています。イートン校ではハウス(寮)に滞在し、午前中はイートン校の先生方による英語の授業、午後はイギリス各地(大英博物館、コッツウォルズ、ストーンヘンジなど)へエクスカージョンにでかけ、英国文化と伝統を学ぶプログラムを実施しています。

本校にはイートン校卒業生(ギャップ・イヤー生)が、時折アシスタントティーチャーとして勤務し、またイートン校聖歌隊やサッカーチームが来日する際にはそのホスト校として、彼らの日本での活動をバックアップしています。

■バックスウッド・スクール (イギリス・ヘイスティングス)

ロンドン南東部、ドーバー海峡に接する古い歴史を持つ港町で、歴史と美しさを感じさせる街、ヘイスティングス。その近くの田舎町ゲストリングにあるバックスウッド・スクールのハウス(寮)で、みんなとともに寝食をともにしながら、英語と英国文化を学びます。

■ピアース・ミドル・スクール (アメリカ・ボストン)

アメリカ東海岸のボストン郊外の緑に囲まれた学校、ピアース・ミドル・スクールでのジャパン・キャンプ。ホームステイをしながら英語と米国文化・伝統を学ぶプログラムです。滞在中にはJ.F.ケネディ・プログラム、ハーバード・MIT在校生による講話、フェンウェイパークでのメジャーリーグ(ボストン・レッドソックス)観戦など、アメリカ東海岸ならではの経験ができます。 

《スプリング・エクステンション》

■メントーン・グラマー・スクール「海外兄弟校」(オーストラリア・メルボルン)

1991年にメントーン・グラマー・スクールの生徒2名が、ホームステイをしながら2週間名古屋高校で学んだことから交流が始まりました。1994年に正式な協定を結び、兄弟校として生徒、教職員の交流を続けています。スプリング・エクステンションとして、春休みにメントーン校を訪問し、ホームステイをしながら、言語と文化を学ぶプログラムを実施しています。