建学の精神

建学の精神「敬神愛人」
建学の精神

 

教育の理念
「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい』これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい』」
(マタイによる福音書第22章37~39節)
この言葉は、神を敬い、神から与えられた自己の能力を最大限に伸ばし、その能力を社会のため人のために惜しみなく用いなさいという聖書の教えを表したものです。これを『敬神愛人』と表現し、本学の建学の精神としています。
名古屋中学・高等学校は、この建学の精神に基づいて、崇高な真理を追い求め、真に人々から求められる社会の主導者たる紳士を育成し、人類の幸福と社会の発展に寄与することを教育の理念とします。

教育の目標
1. 勉学を通して豊かな知性を育み、どこまでも真理を探求する力を持った青年を育成します。
2. 他者をいたわり、自己を戒め、人類・社会の発展に貢献する使命を自覚した有能な青年を育成します。
3. 仲間と学び、心身を鍛え、理想を共にして豊かな学校生活を築く青年を育成します。