2011年度PTA専門部活動

文化部
11月19日(土)雨、風の強い足元の悪い中、多くの来場者をお招きし「第16回名古屋学院チャペルコンサート」を開催いたしました。
 第1部・PTAコーラス「クラインズ・シスターズ」、名古屋中・高のオーケストラ部と吹奏楽部の演奏。
 第2部・「名古屋アマデウス室内管弦楽団」の、モーツアルトやバッハなどの古典派のすばらしい演奏で愉しんで頂きました。来場者の方にもなじみのある曲ばかりを演奏して頂き、なごやかで素晴らしい演奏会でした。
コンサート終了後、クリスマス点灯式を行いました。PTAコーラスと名古屋中・高の聖歌隊による讃美歌「もろびとこぞりて」。伴奏は「名古屋アマデウス室内管弦楽団」。高橋校長先生のお祈りの後、キャンドルに点灯。来場の皆様全員で「きよしこの夜」を歌い、クリスマスを待ちわびる温かい気持ちで終演しました。
 チャペルを出ると外のツリーは、電飾で飾られとホットな気持ちにで来場者も帰路につかれたことでしょう。文化部員が一生懸命運営を致しましたが、不手際もあったことと思います。出演者・ご来場の皆様のご協力に感謝を申し上げます。
体育部
9月3日PTA体育部主催「青少年育成の必要性~トップアスリートの視点から~」のテーマで,元ラグビー日本代表大八木淳史氏の講演会を開催しました。会場の敬愛ホールは満席となり,通路に椅子を並べても入りきらないほどの方々で膨れあがりました。大八木先生の軽快な関西弁は,聴講者を笑いの渦に巻き込みました。聴講者の感想では,
「吉本新喜劇を見ながら,情熱大陸を見ているような楽しく熱いお話でした。」
「笑いの中に,大切なこと(理想と現実・スポーツや食の大切さ・信頼など・・・)が沢山あり,子どもにも聴かせたい講演会でした。」
「マズローの欲求の話が興味深かった。」
「ラグビー部の生徒さんとのお話は,大八木さんのお人柄が出て,温かい感じでした。」
そして,ラグビー部員にとっては,「play the man be strong は昔も今も同じだと改めて思い,今後の試合に向けて,今以上に頑張ろうと思いました。」と新たな希望につながったようです。
大八木先生から若い学生へのはなむけの言葉として~めぐり逢い・偶然の出会いを大切に・・・「邂逅」という言葉をいただきました。この言葉は,大八木先生の座右の銘でもあるそうです。
厚生部
9月3日(土) 「本校の制服リサイクルバザー」を行いました。
生活部
9月19日(月・祝) 愛校祭で「模擬店」と、他私学のPTA役員と合同「校外補導」を行いました。
教養部
9月19日(月・祝) 愛校祭で「進路指導資料展示とお茶処」を行いました。