秋の読書週間

11月11日(月)~15日(金)に秋の読書週間が開催されました。「読書のカタチ」をテーマとする標語を募集した結果、高3の中村君の「四角い本に、まあるい心。鞄に入る別世界。」が選ばれました。また、生徒図書委員会企画として、今回初めて「名古屋学院小説大賞」を実施しました。中2のFertina(ペンネーム)君が金賞、高1の坂本君と高3の田口君がそれぞれ銀賞を獲得しました。図書館企画としてはブックトークや、教員によるビブリオバトルなどを開催し、大変盛況な読書週間となりました。

 

がんばれ高3生 朝の図書館

2017年より実施しております「図書館365日開館」もすっかり定着し、生徒たちは我が家のように図書館を活用しています。朝も7時になると生徒がやってきて黙々と勉強しています。センター試験まで2か月あまりとなりました。君たちの努力はきっと報われる。がんばれ。

高校陸上部 東海高校新人陸上競技選手権大会 110mハードルで優勝

『第22回東海高等学校新人陸上競技選手権大会』

パロマ瑞穂スタジアム  10月26日(土)・27日(日)

110mハードル  西徹朗(高1)が大会新記録で優勝

バックスウッド 英語研修2

イギリス バックスウッドでの英語研修が順調に行われています。

ロンドン市内やビーチ観光、乗馬、演劇など様々な活動を通して、他国の生徒と仲良くなっているようです。

 

人文・社会科学研究部 模擬国連練習会

名古屋高校は昨年の模擬国連全国大会に出場することでできました(2年連続3回目の出場)。これまでは有志の集まりだった模擬国連活動でしたが、今年度新たに発足した人文・社会科学研究部に所属する模擬国連チームとして活動を始めました。新入生も加わり、中1~高2まであわせて部員28名での新しい船出となりました。平日の地味な勉強会を重ね、6月16日(日)に模擬形式での初の練習会を行いました。また、探究活動の一環としても活動しております。今年度も全国目指して頑張ります。

 

西大和学園模擬国連大会に参加してきました

南ア大使を務める 高1の一色と松本

12月23日(日)に奈良県の西大和学園で開催された模擬国連大会に参加してきました。「移民」を議題とした今大会には、近畿を中心とする100名もの高校生が参加し、当日は早朝から夕刻まで白熱した議論が展開されました。11月の模擬国連全国大会に出場した生徒たちも多く参加しており、本校生徒にとっても大変有意義な一日となりました。

砂田橋会館ふれあい昼食会(クリスマス会)参加

2018年12月15日(土)学校に隣接する砂田橋会館で行われた、ふれあい昼食会(クリスマス会)に参加し、オーケストラ部の有志8名(中2~高2)が、クリスマスの讃美歌を演奏させていただきました。

砂田橋学区の独り暮らしのご高齢の方々が出席され、約80名の方と一緒に讃美歌を歌い、またおいしいカレーをいただきながら温かい交わりの時を持ちました。

会の準備してくださったボランティアや民生委員の皆さま、本当にありがとうございました。

 

災害支援金 ご協力感謝

名古屋学院サマーコンサートにおいて、来場者に災害支援募金の呼びかけをさせていただいたところ、12万8921円が集まりました。日本赤十字愛知県支部に届けましたので、被災された方々への支援金として用いられます。コンサートにきていただき、募金に協力していただいた方々、本当にありがとうございました。

図書館を利用したSGH探究活動

本校では、SGHアソシエイト校として、探究活動を実施しています。

先日、高校2年生人文Tクラスを対象に、図書館司書による、「情報収集の技」の講義が実施されました。

玉川大学出版部の『学びの技』を参考にして、生徒たちは11台タブレット端末を用いて、

主にオンラインデータベースの使い方と雑誌論文の探し方を学びました。

ジャパンナレッジとCiNii Articlesの使い方を習得し、実際に雑誌論文を探す実習をおこないました。

 

 

Recitation Contest 2018

名中のレシテーションコンテストが2月末に行われました。
学年ごとに課題文が決められ、発音、リズム、トーン、アイコンタクト、アティテュードを総合的に判断して、学年チャンピオンが決定されました。
中1は宮沢賢治の「注文の多い料理店」の英訳文「The Restaurant with Many Orders」、中2はWalt Whitmanの「Song of Myself」、そして中3はJohn F. Kennedyの「Commencement Address American University」でした。
各クラスの予選を勝ち抜いたクラスチャンピオン達が、学年チャンピオンを目指してチャペルの全生徒の前でプレゼンテーションを行いました。それぞれ名中にふさわしい内容の、レベルの高いプレゼンでした。