10/8 中学芸術鑑賞

10月8日(火)に歌舞伎鑑賞『錦秋名古屋顔見世』が行なわれました。場所は市民会館(御園座が改修工事のため)、演目は『鳴神』『鷺娘』『世話情浮名横櫛』の3作品でした。同時解説を行うイヤホンガイドを聞きながらの鑑賞でした。歌舞伎が初めてという生徒も多い中、わかりやすい解説のおかげでストーリーがつかみやすく、花道を歩く歌舞伎役者にも皆感動していました。中でも役者の早替わりには歓声があがり、楽しみながら鑑賞ができたようです。日常生活ではなかなか歌舞伎に触れる機会は少ないですが、日本の伝統文化を学び良い経験となった1日でした。

画像は御園座提供によるものです。(『鷺娘』より)

13芸術鑑賞

 

10/25 中学1・2年生遠足

台風27号の影響が心配されるなか、10月25日(金)に中1、中2の遠足が行われた。1年生は、当初の御在所岳登山を取り止め、雨天時用に予定した彦根城・琵琶湖博物館見学となった。最初の見学地・彦根城は降雨の中、国宝の天守閣、博物館をクラスごとに見学し、天守閣前でクラス写真を撮影した。初めて訪れる生徒も多く、興味深く見学する姿が見受けられた。残念ながら、大雨警報が発令されたため、プログラムを中断し、彦根城のみの見学となった。しかし、仲間と一緒に見学する姿、バス内での様子を見ていると、生徒1人1人の思い出に残る遠足となったといえよう。

また、2年生は、奈良県明日香村に行きました。台風接近に伴う雨でしたが、なんとか無事に石舞台古墳・高松塚古墳・飛鳥寺を中心に見てまわることができました。社会科で学習した古代史の舞台を直接見ることができて、生徒もかなり興奮していた様子で、「石舞台の下はこうなっているんだ!」、「飛鳥大仏が意外に大きかった」といった声が多く寄せられました。

0084 0105 0246 0295

6/28 中学講演会

6月28日、豊橋市民病院口腔外科嘱託医の山本忠氏をお招きして、講演会を行いました。山本先生は名中・名高で学び、ベトナムの医療支援活動口唇・口蓋裂のある人たちの治療や現地の医師の教育を続けた功績が評価され、ベトナム政府から児童保護育成勲章を受けられました。 山本先生は95年から毎年ベトナムに赴き、ほかの医師と共に1000人以上の患者の手術をし、手術には現地の医師も立ち会わせるなど、人材育成にも力を入れてきました。日本では幼少時に手当てすれば、日常生活に影響のない程度まで治療できるのに、東南アジアなどの発展途上国では医師や設備の不足などから、治療を受けられないでいる人が多いそうです。先生は、無料で治療するほか、手術施設の建設や医療器具の整備も支援してきた。 山本さんは「就職などで差別を受ける患者は多く、手術をすると家族も泣いて喜んでくれる」と医師としての充実感をお話くださいました。
 一方で「治療を受けられないでいる人はまだたくさんいる。現地の治療態勢が整うまで、スタッフの育成や設備の充実など、やるべきことは多い」と、課題の克服に向けて意欲を語ってくださいました。先生のこうした活動の根底には、常に「敬神愛人」の精神があることを、先生の経験を通して訴えていただけました。

image[3]

6/15中学授業参観

6月15日土曜日、中学の各教室では保護者向けの授業参観が行なわれました。
朝早くから多くのご家族の皆様にお越しいただきました。ありがとうございました。生徒たちは(先生も?)緊張した面持ちでしたが、いつも通り積極的に授業に参加していました。

IMG_0055 IMG_0004 13授業参観

5/15 ケニア・マゴソスクール来校

13マゴソスクール25月15日ケニア・ナイロビのスラム街にある孤児や貧困児童、虐待を受けた子どもたちのための教育施設「マゴソスクール」の卒業生らが来校しました。一行は支援を呼びかけるために来日し、16日には「祈りと風邪コンサート」を市民会館で行いました。そもそも、毎年クリスマス献金を捧げたり、ボランティアのお手伝いをしている名古屋キリスト教社会館が、マゴソ・スクールを支援する活動を行っており、その縁で本校を訪れることになったものです。彼らと親しく交流の機会を持つことができました。

4/24 中1修養会を行いました

908C9828 IMG_0975 IMG_1848今年も名古屋中学校の伝統行事である修養会がYMCA東山荘で行われた。初日の講演では、校長の「敬神愛人」のお話、燭火礼拝ではロウソクの灯の中で、宗教部長の「地の塩、世の光」のお話を聞いた。スクールモットーの持つ意味、キリスト教に対する理解が一層深まった。2日目の双子山登山では、全員が一致団結して、無事登頂を果たした。生徒の感想にもあったが、これまでにない達成感と充実感が得られたと思う。夜には、中学教頭から名古屋学院の歴史について学び、本校が126年の古い歴史を持つ伝統校であることが再確認できただろう。最終日には、富士山クイズウォークラリーを行ない、班員全員が協力して、富士山に関するクイズを考え、正解率とタイムで順位を競い合った。最後は、沼津のシーラカンスミュージアムで生物学習の機会を持ち、全プログラムを終了した。全員が時間をしっかり守り、班行動が遵守できたことは今後の学校生活に大きな意味を持つ。

 この3日間の貴重な経験を通じて、名中生としての誇りを持ち、これからの学校生活に生かして欲しい。                          (中1学年主任)

小林 光 新学院長就任

4月1日より新学院長に熱田教会牧師の小林 光先生が就任されました。就任早々の入学式では祝祷が新学院長によって行われました。

DSC_3790

2013年度 中学・高校入学式が行われました

4月6日 9時から中学、10時30分から高校の入学式が行われました。本校の入学式はチャペルでキリスト教の礼拝形式に則って行われます。吹奏楽部の演奏と共に、校旗に先導され入場です。どの顔も緊張でいっぱいでした。聖書朗読、祈祷、讃美歌と初めての経験だった者も多かったことでしょう。新入学生の力強い宣誓、在校生代表による温かい歓迎のことばと続きました。これから始まる名古屋中学、名古屋高校での生活に大きな希望と期待を持つことができたと思います。是非、有意義な学校生活を送ってください。

DSC_3767 DSC_3588 IMG_3598 IMG_3535 DSC_3770 DSC_3797

 

2/8 中学レシテーションコンテスト

英語レシテーションコンテストを実施しました。各学年毎に課題英文を暗唱し、クラス予選を通過した代表によって競い合いました。1年生は教科書の「Alex’s Lemonade」、2年生はSteve JobsがiPhoneを発表したときに行ったプレゼンテーションを、3年生はアメリカ南北戦争の激戦地であるGettysburg国立墓地の献納式典にて行われた、Abraham Lincolnによる「The Gettysburg Address」。
 ただ英文を覚え、発表するだけではなく、評価は、正確な発音、アクセント、イントネーション、さらにはジェスチャーや感情表現も含めて行われます。クラス予選を通過した者だけあってとてもレベルの高いコンテストでした。

1/23 中2スキー実習

 1/23(水)~25(金)にかけて、軽井沢プリンスホテルにてスキー実習を行いました。スキーの得意な者から、雪山に来るのも初めての者まで様々なレベルの生徒達を25班に分け、各班にスキー学校のインストラクターの先生が一人付いて指導して頂きました。インストラクターも感心するような華麗なシュプールを描く者、インストラクターが焦ってしまうほど豪快に転ぶ者など様々でしたが、3日間、4回の実習(1回が2時間~3時間)をこなしていく間に、初めは止まる事も出来なかった生徒達がどんどん滑れるようになっていき、最終日にはかなり急なコースにもチャレンジできるまでになったのは素晴らしい事でした。
 3日間、天候にも恵まれ、現地でインフルエンザが発病する者も一人も出ず、大変順調に実習が行われました。また、夜にはフランス料理のフルコースを食べながらのマナー講習もあり、みんな生涯で一番緊張しながらの夕食に舌鼓を打ちました。翌日にスキーやマナー講習の様子をビデオで鑑賞し、一同楽しい一時を持ちました。病気などで参加出来なかった生徒もいたのは残念でしたが、中二の冬、生涯忘れる事の出来ないような貴重な思い出が出来たと思います。