中日新聞朝刊で報道された内容について対応

先日いくつかのマスコミより『名古屋学院でパワハラ』という報道がありました。本校の関係者のみなさんを始めとする多くの方々に、ご心配やご迷惑をお掛けし大変申し訳ありませんでした。報道されたような内容については、7月末に行った理事会、評議員会で取り上げ、その中で理事長本人より職を辞任する旨の発言がありました。

今回の件は、法人トップとしての責任の重さ、教育に携わる者としての責務や対外的影響からも弁解の余地が全くないことであり、深く謝罪いたします。法人として重く受けとめ、今後このようなハラスメント行為がないように努めていきます。