8/20 AC MILAN サッカークリニックが行われました

 2011年8月20日(土)に、イタリアの名門サッカークラブ、ACミランより直接2名のコーチが来日し、名古屋中学サッカー部1年生約40人と、名古屋高校サッカー部1年生訳30名を対象にサッカークリニックを行なった。

 

 

 

 

 

 

 

 マリオ・マロッツィとアレッサンドロ・ギグリオ両名の指導はさすが名門と感じさせる迫力のある指導であった。最初は部員も緊張していて、いつも通りのプレーができないものもいたが、徐々に雰囲気にも慣れて、最後は活発なプレーとともに、「bravo!」(すばらしい)というコーチからの声でグランドは満たされていた。

 

 

 

 

 

 両氏は本校の雰囲気を大変気に入った様子で、特にチャペルとグランドの素晴らしさに驚嘆していた。来年も機会があれば来日したいと述べ、「chao」(さようなら)と挨拶を交わした。