第2回 模擬国連東海地区大会に出場


岐阜高校にて開催されました表題の大会に中3~高2の14名が参加いたしました。
模擬国連東海地区大会は2018年1月に本校で第1回大会を実施し、今回が2回目の実施です。高2の中村大喜くんはアドミニとして運営に携わりました。模擬国連初参加の中3生4名は最初は戸惑いながらも健闘していました。高1の一色正太郎くん・松本修明くんがウズベキスタン大使として議場をまとめることに貢献し優秀賞を獲得することができました。





専門家と減災チームとの意見交換会

 2月7日にドーム前矢田の近くにある、国土交通省 中部技術事務所にて、「名古屋中学校・名古屋高等学校減災チームとの意見交換会」行いました。
 国土交通省中部地方整備局中部技術事務所所長および、事務所の皆様、国土交通省中部地方整備局河川部河川管理課の皆様、 名古屋大学減災連携研究センター副センター長の先生の前で、減災チームが活動発表を行いました。
この意見交換会は,11月30日に実施された中部技術事務所主催の,東区の災害リスクを学ぶ防災学習会での減災チームの熱意に中部地方整備局様にセッティング頂きました。

 今回は、所内に設置されていた「応急組み立て橋」の見学したのち、3つの機関・組織のそれぞれのプレゼンを使った紹介を行い、あっという間の二時間でした。会の終了後、生徒たちがは初対面の先生方に積極的に質問・名刺交換を行い、今後も協力いただけるとの言葉をいただきました。

減災は自らがリスクを認識するところから始まります。今回、中学生高校生が自らリスクを調べ、伝えようとする姿に多くの防災関係者が意気を感じて下さったのではないでしょうか。名古屋大学の先生からは、「発想がユニーク」「伊勢湾台風50年で被害・教訓は掘り尽くした感があったが、激甚と言われている場所以外ストーリーがあるんだということを思いおこさせてくれた。」とコメントをいただきました。周囲の期待を糧にさらに探求と実践活動を進めてまいります。
 なお、会の様子は技術事務所のツイッターに掲載され、新聞にも取り上げられました。

掲載されました、国土交通省中部技術事務所のツイッターの記事は以下の通りです。

国土交通省中部技術事務所ツイッターより、意見交換会の記事
https://twitter.com/mlit_chugi/status/1093730253124431872
同ツイッターより、建設通信新聞 ・建通新聞 ・日刊建設工業新聞への掲載記事
https://twitter.com/mlit_chugi/status/1095594191004917760

高1冬期進学講座でキャリアデザインワークショップを行いました

12月24日~28日の間高校1年の冬期進学講座でキャリアデザインワークショップを図書館ラーニングコモンズで行いました。ガイダンスを経て、マインドマップを用いた関心領域の確認、ポストイットを使った意見出し、基本文献の検索と収集、プレゼン、相互評価を4日間という凝縮した中で行いました。お互いの考えを共有し、他者を評価するという試みの中で、それぞれの生徒たちは自分よりも他人からの評価が高いということに気づかされ、新鮮な発見に満ちた4日間となったようです。

西大和学園模擬国連大会に参加してきました

南ア大使を務める 高1の一色と松本

12月23日(日)に奈良県の西大和学園で開催された模擬国連大会に参加してきました。「移民」を議題とした今大会には、近畿を中心とする100名もの高校生が参加し、当日は早朝から夕刻まで白熱した議論が展開されました。11月の模擬国連全国大会に出場した生徒たちも多く参加しており、本校生徒にとっても大変有意義な一日となりました。

高2沖縄修学旅行 学びの報告会 実施

2沖縄修学旅行での学びの報告会をクラスで実施しました。沖縄美ら海水族館でウミガメに関するインタビュー学習をおこなったグループとタクシー研修で沖縄県知事選立候補者のインタビュー学習をおこなったグループの2つです。それぞれスライドを用いたプレゼンテーションをおこない、学びを共有いたしました。

高2沖縄修学旅行にて、沖縄美ら島財団の河津勲先生にインタビューを実施しました

2沖縄修学旅行で訪れた沖縄美ら海水族館にて、文化祭クラインズカップでウミガメに関する研究発表をおこなって最優秀賞を獲得した高2久保田くん、汪くん、児玉くんらのグループが、沖縄美ら島財団の河津勲先生にインタビュー学習を実施しました。

インタビューに参加した汪くんは「河津さんのインタビューを通して、ウミガメについて新しい知識を得られ研究の深みを増すことができました。貴重な経験に感謝したいです。」と感想を述べていました。 

今回、学ばせていただいたことを生かして3月のSGH甲子園に向けてさらに研究を深めていきます。

 

SGH・探究活動 高2沖縄修学旅行にて沖縄県知事選 立候補者のインタビュー実施

 2沖縄修学旅行の初日タクシー研修にて、高2D組の永戸くん・野上くん・長谷くん・藤井くんグループが、沖縄県知事選の立候補者である佐喜真淳さんと渡口初美さんのもとを訪れ、インタビューをおこないました。生徒自身が自らアポをとり、事前に質問項目をFAXするなど主体的に計画し、実現することができました。お忙しい中にもかかわらず快く対応してくださった佐喜真さんと渡口さんに感謝いたします。大変ありがとうございました。

模擬国連全国大会出場

111718日に東京の国連大学で行われた模擬国連全国大会に、高2D中村大喜と高1B一色正太郎の二人が出場しました。今回は全86組が選抜され、本校は43組から構成される会議Aにシリア大使として参加しました。昨年の全国出場で中村は大きな刺激を受けたようで、この一年間、模擬国連関係のイベントに出場して、経験を積んできました。本年の大会では、初日から存在感を発揮していました。一方、高1の一色は全国大会は初参加で、やや緊張していましたが、中村の指導とサポートのおかげで、徐々に存在感を高めていくことができたようです。惜しくも入賞は逃しましたが、普段ではなかなか経験できない模擬国連全国大会でという場で、質の高い学びを得られたことは、他の何にも勝る収穫であったと言えるでしょう。

Meijo Global Festa 2018に参加

昨年度に引き続き、今年度も名城大学付属高校主催のMeijo Global Festa1111日(日)に参加してきました。プレゼン部門では残念ながら今年は入賞は逃しました。一方、各フォーラムでは、高1の鈴木啓太、堀雅貴、林大登がそれぞれ、代表に選ばれて、発表をする機会を得ることができました。生徒にとっては良い学びの一日になったのではないでしょうか。

 

 

 

 

模擬国連関西大会がWebサイト「みらいぶ」で紹介されました

模擬国連関西大会の会場にて、本校2年生の中村大喜くんが受けたインタビューの記事が、河合塾の「みらいぶ」サイトの掲載されました。 

・中村大喜くんのインタビュー記事はコチラ

・「みらいぶ」サイトはコチラ

・模擬国連関西大会についての記事はコチラ

中村くんは、東京の国連大学で1117日~18日に開催される、全日本高校生模擬国連大会にも出場します。